中村の読書日記

読書を中心に、徒然なるままに

ブレイキング シーズン2 第7話

第7話 噂の男、ジェシー

 

今回はもういろんな問題の種がばらまかれた回。もう絶対にやめなよトラブルよーみたいな。

 

ポイントは

  • ハンクの栄転先、イマイチ。スパニッシュだらけ。
  • スカイラーが仕事復帰、上司が独身のイケメンでこれはもう。。。。
  • ジェシーに逆らうとATMに潰れるとの噂。ボスになることを決める。危ない。。
  • ハンク、勤務先でまさかの爆発!怖い!
  • やっぱりジェーンは可愛い!

せっかくトゥコの件で出世したのに、新しい職場はテキサス州、みんなスペイン語。孤立感マックス。ハンクって物語始まって以来調子のいい兄貴キャラだったが、ここだと上手く機能しない。ストレスだろうなあ。

 

スカイラーが仕事復帰。昔の職場に。今まで昼間に出かけていたのって職探しだったのかな。それともエリオットらに支援を打ち切られたから動き出したのかな。

 

で、ここの上司がもう危ない。イケメンでお金もきっとある。そしてバツイチ。朝、子供達にご飯の用意をできる家庭力と、その際についたグレープジュースのシミを落とさないで出社しちゃうお茶目さ。やばいなこれ。スカイラー、不倫ですかい?気になる展開。まあでも妊婦だし、最後はきっぱりとウォルターに帰ると思われ。

 

ジェシー。彼は前回、ただ殺人現場にいただけなのだが、街中では、彼に逆らうとATMの下敷きにされるという噂が流れ、恐れられていた。それをうまく使おうと考えたウォルター、ビビるジェシーをうまく誘導し、その気にさせる。

「俺たちが王様になるんだ!」

いやだめだろ。これもう絶対に麻薬カルテルに潰されるじゃん。。。ただの化学教師とチンピラ。まずいよ。。。超楽しみだw

 

さて、ハンク。重要な取引が行われるということで張り込み。すると、亀の上に人の生首が乗っているのを発見。急いで向かう。その光景に気持ち悪くなったハンクは一時撤退。それを笑う同僚。「なんだよ、その程度で英雄か?はっはっは」

 

そしたら、そのカメ、爆発。同僚みんな吹っ飛ぶ。嫌味を言った同僚は足が吹っ飛んだ。なんだこれ。怖い。。。

 

最後、ジェシーの隣に住むジェーン。なんか知らないが、一緒にテレビ見ようぜと言って彼女を部屋に誘い出し、なかなか電波が捕まらないでモタモタしていたら、急に手を繋いじゃって。。。なんだそれ。私と一切やらない約束で家貸したんじゃないのかい!結局付き合うんかい!いいなジェシー!ジェーンは本当にセクシーで可愛らしい。

 

はい、そんな感じでした。ハンク、スカイラー、ジェシー、それぞれが実にこれから先問題が起こりそうな動きをした回でした。

 

トゥコに続く凶悪キャラを楽しみにしている。なんだか闇金ウシジマくんに似た感覚。

 

最後、ジェシーの隣の家に住んでいるジェーン。

ブレイキング シーズン2 第6話

第6話 イナイ・イナイ・バァ

 

前回とは違って今回はよかった!グレッツェンとのやりとりがたまらなかった!

 

ポイントは

  • ジェシー、箔をつけるためヤク泥棒夫婦宅にアタックするも失敗
  • ATMで殺害って。。。
  • グレッツェンが不意にウォルター宅に電話をかけてきたことから。。。

前回ウォルターから銃を渡されたジェシー。裏の世界は舐められたら終わりだ。ということで、以前ヤクをふんだくった夫婦宅にアタックする。しかし、慣れないことをすると大体失敗するもので、脅し慣れてないジェシーは逆にやられてしまう。

 

ATMを丸ごと泥棒してくるというなんともパワフルな夫婦だ。ジェシーはフラフラになりながら、その夫婦がATMを壊す作業を眺めている。すると、つまらないことで言い合いが始まり、それに怒った奥さんが、ATMの底をいじっている旦那の顔面を、潰した。ちょっとATMを押しただけで、一瞬にして、潰れた。ラリっている奥さんはそのまま眠ってしまう。ジェシー、通報して逃走する。

 

一方、ウォルター宅に突然グレッツェンから電話。ウォルターは留守なのでスカイラーが出た。スカイラーは彼女らが医療費を負担してくれてると思っているので真摯に感謝を伝える。しかし、グレッツェン側は意味不明。あれれ。一度会いましょうと約束を取り付ける。

 

ウォルター、帰宅。なんと家にはグレッツェン。嘘がバレてしまうではないか!空気を読んだグレッツェンはそろそろ帰らないとと動きだす。送っていくよと外に出て2人きりになったウォルター。話しをするが、彼女は車を出してしまう。

 

後日、レストランで再び2人で会う。ここがすごく面白かった。口止めをするウォルターに、追求するグレッツェン。するとウォルター、過去の話を始める。

「小切手を振りかざして過去を清算しようってのか。俺の努力と研究を使って帝国を作ったくせに、善人ぶるな!」

すげえ言葉だなと思うのだが、グレッツェンも反論する。

しかしウォルターは止まらない。

 

結果、グレッツェンは涙する。最後にウォルターの一言「くそったれ」

 

ちょっと過去のシーンをどこかで詳しくやって欲しいなあ。興味ある。

 

その後、自宅に援助停止の連絡がくる。不審に思ったスカイラーはウォルターに何があったのと尋ねる。もちろん本当のことは言わない。「あいつら破産するらしいよ。だから払えないんだ。わざわざこっちに来たけれど、言い出せなかったんだね」

 

第1話のウォルターはどこに行ってしまったのかw 平気で嘘をつき、罵る。人は変わりますね。でも面白いわ。

 

 

 

 

ブレイキング シーズン2 第5話 

第5話 再始動

 

今回の話は今までの中で一番退屈だったかもしれない。

 

ポイントは

  • ハンクの身に何が起こってる?
  • 医療費云々で金がなくなり、再起動する2人
  • しかし、力を持ち始めたのはジェシー
  • スカイラーはだいぶブレイキングバッド

ハンクはトゥコの件で昇進が決まった!みんなにおめでとうと言われ、嬉しいはずが、エレベーターの中でパニックのような症状を起こしたりとあまり具合が良くないようだ。おそらくトゥコとの銃撃戦による心理的なものだと思われる。困りましたね。

 

ウォルターの医療費、むちゃくちゃ高い。3日の入院で1万ドルってどんだけだよおい。せっかく悪事を働いてまで稼いだお金がすぐに消える。焦るウォルターはジェシーと再始動。ところが、ジェシーがやたらに上に立ちたがる。ジェシー、自分らがトゥコの代わりになってメスを売りさばけば儲かるぞと提案。何やらやばい匂いがするが、ウォルターに断る選択肢はなく。ジェシーは自分の友人を使ってメスを売りさばき、商売を始める。

 

すると、友人の1人がナイフで脅されメスを奪われる。そのため折半する金額が減り、ウォルター怒る。しかしリスクはこの商売をやる以上はしょうがないだろとジェシー。納得のいかないウォルターは、もしもジェシーの販売する薬は盗んでも報復なしだと連中に広まったら、さてどうなるかと提案する。舐められたらいけないと。そして家にあった銃をジェシーに届ける。

「これでやれ」

 

あ、そういえば、ジェシーは新しい家を賃貸した。その持ち主の娘さんが窓口なのだが、とても可愛らしい!はい、それだけ。

 

スカイラーはどうしようもない。妊婦なのに隠れてタバコを吸うし、普段食べないものに手をつけて自暴自棄感満載。ウォルターに問われても嫌味で返すのみ。まあそうやるのもわかるけれどね。だっていくら聞いても旦那は何かを隠し続け笑顔でご機嫌取りにやってくるんだから。不信感、ストレス、すごいだろうね。ウォルターはどうすればいいんだ!と真顔で怒るけれど、本当のことを言うしかないだろ。もう繕えないよ。そのうち逆上したウォルターが家族に何か始めたら面白いと思ったけれど、まあそれはないな。

 

次の話は、きっとジェシーが何かしらに巻き込まれるんだろうなあ。ハンクの症状も心配。そしてスカイラーが日中外で何をしているのか知りたい。不倫していたりして。

 

ブレイキング シーズン2 第4話 

第4話 崩れゆく生活

 

まあこういう日は来るのはわかっていたよね。嘘に嘘を塗り重ねたらこうなります、だから嘘はやめましょうっていういい教訓になる回。

 

ポイントは

  • 露骨にウォルターを避けるスカイラー
  • 両親に放り出されるジェシー
  • 家族をなんとか維持しようとするも空回りしてしまうウォルター
  • ストレスを抱えているのは、家族だって一緒だぜ。。。

ウォルター、一生懸命に家族の信頼を取り戻そうと必死。朝からキッチンに立ち、出来立てのパンとジュースを用意して皆を迎える。驚く2人。一瞬いい流れが生まれたが、ウォルターが2個目の携帯の件を再び言い訳する(君が聞いた着信音は、アラームだったんだよ!音が着信音と似てて参っちゃうよ、あはは)と、スカイラーの顔色が再び曇り、行き先を告げず外出してしまう。

 

一方、ジェシーは地下室のラボが親に見つかり、弁護士を交えての退去命令を受ける。そんなことされたら居場所がない、俺頑張るから話し合おうとママにすがるも時遅し。友達の家にアタックするが、遠回しに断られる。

 

何をやってもうまくいかない2人。今までやってきたことのツケが回ってきたようだ。

後半シーン、ウォルターはしっかりとスカイラーを見つめ、話し合う。ところがスカイラーは上の空。あまりの態度に腹を立て「どうすればいいんだよ!」と怒鳴ると、スカイラーもスイッチが入る。
「もう言い訳や謝罪はたくさん!ご機嫌取りの朝食なんてくそったれ!私との関係を続けたいならあなたが今やっていることを正直に全部話しなさい!」
「何を話せっていうんだ!」
「オーマイガー。。。。」
家を出て車に乗り込むスカイラー。
「全部家族のためなんだ!」と確信に迫った言葉を放つも、車は発進。

 

すると近くにジェシーの車を発見。
腹を立てたウォルターは勢いよく飛び込み、口論。乱闘。
最終的に2人寂しくウォルター家に入り、朝食を。

 

さて、スカイラーは毎回どこに行ってるのだろうか。まだそれは語られていない。
最後、車に乗り込んだスカイラーがタバコを吸う(妊婦なのに!)シーンで終わる。彼女も相当なストレスを抱えている。苦しいのはウォルターだけじゃないのだ。

 

家族のために始めた悪行により、ウォルターは今、家族から嫌わられている。。。人生は難しい。

ブレイキング シーズン2 第3話

第3話、脱出の代償

この回は好きだ。ウォルターの本音、そして彼はもうすでにかなりの役者として多くの人を騙す人間になってしまったことがわかる回。

 

ポイントは

  • ウォルター、記憶喪失キャラを熱演。
  • ウォルター、守秘義務を持つドクターに本音をぶちかます
  • ハンク、トゥコの件で英雄になる
  • 家族の冷たい反応

前回、ハンクが突如やってきたために逃げ出した2人。さて、どうして戻ったらいいのか。家族になんて説明すればいい?いきなり家を出て行方不明。本当のことは言えない。。。

 

そこでウォルターが考え出したのが、記憶喪失を演じることだった。とあるスーパーマーケットで全裸になり、運ばれる。病院のベッドで無事に家族と再会するウォルター。しかし数日の記憶がない。医者は原因を追求する。

 

もちろんそんなことをしても意味はない。検査をしても問題なし。当たり前だ、演技なんだから。ウォルターは自分が元気であることをアピールし、家に帰ろうとするが、医者たちはそれを許さない。原因がわかるまで危険だから無理だというのだ。カウンセリングまで受ける羽目に。そこでシビレをきらしたウォルターは、医師に守秘義務について詳しく聞く。自分の家族も警察も誰も知ることができないが、唯一患者が誰かを殺害するつもりだった場合のみ、その人に伝えられると。それをしっかり確認したウォルターは、本音を語り始めた。

 

「これは演技だ。全く問題ない、全部覚えている。家から逃げ出したかったんだ」

「一体何からそんなに逃げ出したいんだね?」

「私は化学の高校教師では収まらないほど優秀な人間だ。年収は4万ドルほど、かつての同僚の足元にも及ばない。奥さんは不意の妊娠、高校生の息子は脳性麻痺。そして私の余命は18ヶ月。もうわかったろ?」

 

まあわかっていたけれど、やっぱりウォルターは高校教員である自分に苛立っている。もっともっと自分を発揮したい認められたい。これは彼がメスを作り始めた大きな理由の一つだ。気持ちはわかるなあ。

 

ちなみに、病人の演技をやめて医者に語るときのウォルターはすごい。一気に顔が悪人ヅラになる。この人の演技は幅が広くてすごいなあと感心する。

 

一方、トゥコを潰したハンクは、みんなから表彰され、英雄扱いを受ける。確かこれがあとあと色々あった気がするんだけれど、さてどうだったか。でも確かにハンクはかっこよかったよね。しっかり銃でトゥコを仕留めたシーン、クールでした。

 

あーだこーだがあって、ようやく退院できたウォルター。家に帰ってきて一安心。お金や銃も大丈夫だったし。

 

最後、ウォルターとスカイラーがベッドの上で。

「もうどこにもいかない。迷惑をかけた」

「ところで、携帯を二つ持っているの?」

「え、持ってないよ」

「あ、そう。。。」

背を向けるスカイラー。

 

次の話はおそらく、家族の信頼を取り戻すような話になる流れ。まあ流石にしょうがないよね、誰でも疑うし、信用失うわそりゃ。さてどうなるか。

 

 

ブレイキング シーズン2 第2話

いやあ、今回はアツかった!面白かった!

 

ポイントは

  • ウォルターの失踪に動き出すスカイラーたち
  • トゥコのアジトに連れて行かれた2人の戦い
  • ついにウォルター、ハンクに遭遇!?

トゥコのアジトに突入したDEA。子分たちは仕留めたが、ボスであるトゥコはもぬけの殻だった。喝を入れるハンク。

 

突如姿を消したウォルターを心配するスカイラー。あらゆる警察署、病院等に電話するもウォルターを発見できず。クレジットカードも使われた後がない。唯一の手がかりは、姿を消す前にあった着信のみ。しかしハンクが調べたところ、携帯電話の記録がなかった。つまり、二つ目の携帯が存在していることになる。

 

一方、ウォルターとジェシーはトゥコのアジトに連れて行かれる。そこには「オジキ」と呼ばれる障害を持つ老人がいた。彼はボケてしまっているようで、話すこともできない。

 

そんな中、なんとか2人は脱出するプランを練る。毒入りのメスを飲ませようとするも失敗。ご飯に混ぜて食べさせようとするも、先ほどの老人がなんと意識がしっかりしていたこともあり、失敗。怒ったトゥコは外に出てジェシー殺害を試みる。

 

しかしそこで地面にあった石を拾って戦うジェシー。戦況は一変し、トゥコの腹に一発銃弾を撃ち込む。さあ、とにかく逃げなければ。

 

ところがそこに謎の車がやってくる。親戚が来たと避難する2人だが、やって来たのはハンクだった。ジェシーの車に追跡装置がついていたために場所を特定することができたのだ。これは興奮したね。ついに来たかハンク!って感じ。

 

ここで、トゥコとハンクが対峙する。ハンク、ジェシーだと思っていた人間が血を流しているトゥコであることに驚きながらも冷静に。銃撃戦の末、なんとか勝利を納めたのだった。

 

ウォルターはハンクがやって来たと知ると、走って逃げ出す。さて、こんな砂漠で車もなしにどうやって生存するのだろう。

 

だんだんとウォルターの行動が隠し通せなくなって来ている。さあ、どうするウォルター。失踪の理由はどう説明する?

 

本当にこれやってんのがステージ3のがん患者なんだからすごいなと思う。普通はストレスによる症状悪化で動けないんではないか。

 

まだまだ続くぜ。

ブレイキング シーズン2 第1話

はい、シーズン2が始まりました。

 

今回のポイントは

  • ウォルターとジェシー、トゥコに本気で怯える
  • 追い詰められた人間は逃避に向かう
  • マリーはかなり厄介である
  • スカイラーのストレスもかなり蓄積されている
  • トゥコは2人をどうするつもり?

前回、いきなり目の前で部下を殴打したトゥコ。その姿にビビった2人はすぐにその場を離れようとする。すると、前から車が突っ込んでくる。またしてもそれはトゥコの車で、なんでも先ほど殴った部下が息をしていないからなんとかしろという。いや知らねえよおめえの責任だろ!とは言えない。救急車を呼べというウォルターに

「うるせえ。おめえ頭がいいんだろ!とっととなんとかしろ!」と無茶ぶるトゥコ。すげえ迷惑。。。結果脈がないことを知り、ムカついたトゥコは死体を何度も蹴飛ばす。

なんてまあ恐ろしい。もう1人の部下が彼を廃棄された車の下に埋葬した。

 

殺人を目の当たりにした2人はトゥコに怯える。ウォルターは家に帰ると、スカイラーに性交渉を強引に迫る。最初は柔らかく受け入れていたが、あまりに強引なので突っぱねる。落ち込むウォルター。もうパニックになっているんだよねこの時。だから逃避したくて、リラックスしたくてそっちに走るという。人間の描写が正確だ。人はそうやって動くものだ。

 

さて、マリーの話。窃盗の件から一切姉妹のコミュニケーションが消えてしまった。何度もマリーがウォルター家に留守電を入れるも、返事なし。ハンクも心配する。どうやら彼女は精神的に病んでいるらしく、セラピストが付いているようだ。

 

見かねたハンクは突然ウォルター家に訪問し、スカイラーになんとか仲直りしてくれ、助けが必要だと訴える。すると、スカイラーの怒り爆発!40手前で予想外の妊娠、そして旦那は肺がんで、しょっちゅう出かけては帰ってこない。息子も思春期で不機嫌だ。お金がなくて壊れた備品も買い直せない。そんな中、さらにイかれた妹のケアもするのかよ、サポートが必要なのは私だ!!!

 

やっぱり人生には余裕が必要ですね。生きていると問題がテトリスみたいにバンバン降ってくるので、解決を怠ると後で大変なことになる。常に頭をクリアにして問題解決しておくことが人生のコツのような気がします。今のウォルター家には余裕がない、パンパンの状態。こういうシチュエーションにならないよう気をつけなくてはいけない。

 

さて、最後のシーン。ジェシーがウォルター家までやってきた。なんだなんだと表に出て行くと、車の後部座席に乗っていたのは、トゥコ。銃を突きつけられ、「乗れ」と。さあこの後どこに連れて行かれるのか。

 

シーズン1と打って変わって、劣勢のウォルター。ここからどうやって挽回していくのか大変見ものであります。