中村の読書日記

読書を中心に、徒然なるままに

44冊目

44冊目。

サービスできないドイツ人、主張できない日本人

サービスできないドイツ人、主張できない日本人

 

これは昔の本だけれど面白いぞ。

 

いっぱい書くことがあるなあ。例えば、ドイツは衣食住で言うと、住が一番強く、その後に衣服、最後にご飯がくる。夕飯はサラダだけ、なんて日もあるそうだ。参ったな。

 

ドイツ人はサービスに向いていない。人の気持ちを推し量ることをしないし、空気も読まない。気が強く議論好き。リサイクルをしっかり行うのは道徳心からではなく 、そっちの方が支払うお金が減るから。合理的ですね。

  

大きいおっぱいが大好きなドイツ人。いやいや、俺も好きだぜ。

 

学校制度も面白い。4年生後半の国語と算数のテストにより、その後の道が3つに分かれる。ギムナジウム、真ん中、そして残念賞。もともと残念賞は職人枠だった。ドイツのマイスター(職人)は社会的位置が高く、敬われていた仕事だった。しかし現在の消費者は安くて質がそこそこなものを選んでしまう。当然廃業に追い込まれる。職人の子供はもはや職人を目指さない。結果、勉強ができない人たちが溜まり場になってしまう。10歳の段階で、しかも国語と算数だけなんて。。。あっちゃー。

 

でもこういう本を読むたびに思うよ、教育って超大事だったんだって。じゃあ俺、大学行くべきだったよなって。だって俺はできたんだから、金銭的にも頭的にも。もったいないことをしたですね。

 

まあそんなこと言ったって時は戻らないのだし、ベターな道を歩んで行くしかないぜ。

 

それにしても、ドイツは面白い。彼女とはエッグスンシングスに行くけれど、本当はあのパンケーキに興味ないのかしら。話も弾まず、めちゃ厳しいツッコミしてくるのかしら。。。怖い。

 

見知らぬ人には厳しいらしいけれど、知っている人にはすごく親切で優しいと書いてあったから大丈夫さ!大丈夫に決まってる!

 

いや、そもそも嫌なら会わないでしょう。相手はジャパニーズじゃないんだぜ。

 

終わり。

43冊目

43冊目。

採用基準(2012)

採用基準

採用基準

 

 一部でちきりんさんの中の人と呼ばれている伊賀泰代さんの本。

 

面白い。これ欲しい。

 

リーダーとは決める人のこと。嫌われても成果を出すために奮迅する人のこと。

 

チャレンジをしない人は成長が難しくなり、チャレンジし続ける人は成長し続ける。やればやるだけ恐怖が消え、楽しくなり、やらないと怖くなる。俺はやらないといけない。

 

決めることは大事です。責任を背負って決断します。そこで問題が発生しても構わないし、むしろ問題を明らかにするために決断する時だってあるくらい。問題がわかったら一歩前進、あとはひたすらに問題解決に努めてください。終わり。

 

いい本なので後でじっくり読みたい。買いです。

42冊目

42冊目。

お金が貯まるのは、どっち!?(2014)

お金が貯まるのは、どっち!?

お金が貯まるのは、どっち!?

 

 それにしてもお金の本というのはたくさんあるものだ。

 

元銀行員で人に「貸す」仕事をし、引退後は「借りる」側に立った経験を持つ著者の本。25個に及ぶ2択の質問、さてどちらがよりお金を貯めることができるかを詳しい説明と共に並べられている。

 

面白かったのは、銀行の捉え方。今まで読んだ本だと、お金を預けても金利低いし、投資関係においては無料相談会なんてサービスを提供しながら実は獲物が来るのを待っている、無料セミナーなんて役に立つ情報は何もなくてただ自分たちに利が多い商品を売って来るだけ。あまりいい描かれ方はしていなかった。

 

ところが本書では、銀行員に気を遣えという。文字は丁寧に書け、書類の空白は作るな、何度も催促される書類請求だって快く受けろ銀行員は上から命令されたら逆らえないんだ。銀行員だって人間なので、うまいこと好印象を与えた方が自分に利があるよと。生々しい笑。まあそうですよね、世界は感情で動いている。

 

メガバンクにお金を預けるなという指摘は全く理由がわからなくてワクワクしながら読んだのだけれど、答えは「メガバンクは大手企業や医者などの人間にしか融資してくれない。一方で信用金庫は地元の商店街や自営業者を救うのがミッションなので割合貸してくれることが多い」というものだった。なるほど、そういうことか!個人的に、マイホームも車も大学費用も何もかも大きい買い物はしない人生を歩むつもりだったので全く予想できなかった。人生にはやはり大きなお金が必要な時がある。その時メガバンクは役に立たない。普段から信用金庫にお金を積み立てることで銀行からの信用が溜まり、いざという時にすぐに力になってくれると。ちなみに、メガバンクは1000万預金しても別に〜って感じだけれど、信用金庫だと担当者がつくらしい。

 

あと著者は持ち家派だった。今まで読んだ本は大体賃貸派だったので、答えは人それぞれなんだと思った。

 

勉強は面白い。

41冊目

41冊目。

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち(2013)

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち (中経の文庫)

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち (中経の文庫)

 

今まで読んだお金の本とはちょっと違う。

 

お金ってある意味ですごく簡単。だって、収入と支出の算数だから。以上。

 

じゃあタイトルの言葉はどういう意味かというと、収入が1000万あっても、支出が1000万あったら当然何も残らないよねというごく当たり前の話。一度も大金を手にしたことがない私に取ってはよくわからないのだけれど、人はお金を持つとそれに合わせて生活レベルも上げていくらしい。外食を増やしたり、夜の街に消えたり、外車を所有したり、マイホームを購入したり。さらに子供の教育費に年に一度の家族旅行。。。で、あれれ、お金がないぞ。こういうことが結構起こるらしいのだ。

 

一方、年収が低くても、普段から節約を心がけ貯金をしていれば豊かになれる道が開かれていく。算数上手。

 

この本でもお金持ちになる方法はシンプルだ。「給料以外の所得を手にいれる」これに尽きる。もうこれしかないのだ。株やら不動産やらで不労所得を得ることができるから時間が生まれ、お金が得られる。お金持ちは基本的に自分以外のものを働かせてお金を手に入れる。

 

面白かったのが、この本の投資の勧め。今まで読んだ本は、「負けない投資」を勧めていた。個人向け国債やら、インデックスファンドやら。これらは大きな利益は生まないけれど、リスクが少なく手堅い手段。プロだって本当のところわからない世界なんだから、安心に資産運用できる方がいいと。

 

ところがこの本は、分散投資を勧めない。それじゃ儲からないからだ。また、とりあえずお勉強のために投資をするという態度も認めない。しっかり勉強して「優位性」を獲得した上でやらないとボコボコになると説く。優位性というのは、自分が他のライバルに比べて優位に立ててるかどうかで、個人投資家がプロに勝つのはまず難しい。しかし一つのジャンルや会社にこだわって勉強すれば、優位性を持てる可能性があるのでしっかり学べと。あちこち目移りするなと。

 

で、著者は株式より不動産を勧めている。なぜなら株式よりも参入障壁が高く、それでいて素人が多いマーケットだから。なるほど、不動産か。

 

海外に行った時、不動産経営をしている人間に会ったことがある。彼女は1年のうちほとんどの時間を海外で過ごしていた。働く必要がないのは、不動産からの不労所得があるからだ。いいなあ、すげえなあと思ったものだ。

 

給料で上に行くのは難しい。できたとしても、その分大量の時間と労力を割いた上での報酬。だからこそ、資産を育てよう

 

毎日こういう本を読んでいるからだいぶ考えが変わってきた。面白い。

 

40冊目

40冊目。

お金と上手につきあえるようになる!お金の教科書(2011) 

お金と上手につきあえるようになる! お金の教科書

お金と上手につきあえるようになる! お金の教科書

 

 泉正人さんの本。

 

これはナイスです。1冊でお金の様々な知識が身につきます。

 

個人的に学びになったのは税金部分。所得税や住民税、社会保険から年金から

基本だけど意外にゆるふわなところを説明してくれている。こういう知識って役に立つ。

 

ライフプランシートを作ろうというのも面白かった。いつ頃にどんなイベントがあって、それにどれくらいのお金がかかるのかを先に見積もっておくことで計画的な人生を。正直、計画的に生きるということがてんでダメなのだけれど、でも実際に来るものは来るわけだし、何も考えていないといきなりそれはやってきてパニックになって余計な体力も使うので、一度遊びでもなんでもやってみたほうがいいね。

 

しかし、こうしたお金の知識って本当に学校では学ばないなあと思う。生きていく上で逃げられないことなのに。まあそれは性についても言えるけど。

 

100冊プロジェクト、5分の2が終了した。楽しくてしょうがない。次は50冊へ!

39冊目

39冊目。

年収200万円からの投資生活(2013)

年収200万円からの投資生活宣言

年収200万円からの投資生活宣言

 

フィナンシャルプランナー横山さんの本。

 

先日読んだ山崎元さんの本が私のベースになっている。で、この本はそれに上塗りというイメージで読んだ。毎月分配型は税金がかかるから辞めとくこと、銀行の人のオススメは断ったほうがいいこと、初心者はインデックスファンドがおすすめなど、被るところが結構あった。なるほどなるほど。

 

面白かったのは、横山さんのリスク管理。万が一日本が破綻した大きなインフレになることに備え、ドル紙幣と金を持っているそうだ。すごいなその準備力。そこまでやる人もいるんだ。何も起きなければそれに越したことはないし、有事の際にもしっかり家族を守れるようにという意識は素晴らしい。重要なことを学んだ。

 

横山さんはとにかく「まずは貯金!」と念押ししている。貯金をして余裕資金が生まれて初めて投資の段階に入ると。で、投資と言ったって一気にドカンと儲けるわけじゃない、例えるなら自転車だと。歩くよりは早いけれど、自動車ではないと。分かりやすい。

 

ちゃんと守りのお金をしっかり作った上で、攻めのお金で投資をしましょう。

 

大事なのは貯金の技術だなと思いました。お金の勉強において基礎は貯金です。俺はそこからだ。。。

38冊目

4月になりました!

 

38冊目。

挑発的ニッポン革命論 煽動の時代を生き抜け(2017)

挑発的ニッポン革命論 煽動の時代を生き抜け

挑発的ニッポン革命論 煽動の時代を生き抜け

 

 先日ダウンタウンの番組にも出演していたモーリーロバートソンさんの本。

 

はっきり言って難しい。情報量が多すぎる。今年に入って新聞を読むまで世間に全く関心がなかった私にとっては凄まじくレベルの高い書物だった。知識が豊富で普段から情報にアクセスしていればいるほど楽しめると思う。

 

モーリーさんはいつも日本に警鐘を鳴らす。移民、北朝鮮大麻、グローバルの波に飲み込まれる日本。。。変わんないとやばいよ。それはもうひとつの本「悪くあれ!」でよりわかりやすく書かれているけれど。

 

 

英語を巧みに使えるモーリーさんは国際ジャーナリストとして海外の情報をわかりやすく教えてくれる。でもそんなの、「てめえで読めるようになりなさいや」というね。日本は外国メディアの情報を拾える人材がいなくてアウト。日本で起こったことが世界ではどう扱われているのか。去年のダウンタウンの番組で浜田さんが黒塗りのメイクをし、黒人差別だと騒がれた問題とかね。「いや、日本だとそんな黒人差別メッセージはないから!」と言ったところで、すでにこの世界はグローバル。国際世論というものがある。世界にはどういう文法があるのかを把握しないといけない。

 

面白かったのが、ポリティカル・コレクトネス疲れという言葉。ポリティカル・コレクトネスとは、つまりは「LGBT大事。移民もイスラムも黒人もみんな大事だよね」という論調。人間は平等ですぞという考え方。今世界は、この考えに疲れてきていると。それは思想家の東浩紀さんも言っていた。

 

「平等は大事。とは言ってもさ、やっぱりゲイってさ。。。やっぱり黒人はちょっと。。。」みたいに心の奥底で思っていたりして、そこトランプやルペンなどの差別発言がしっくり来ちゃったみたいな。アメリカだけじゃなくヨーロッパでも今、グローバリズムの否定が始まっている。

 

日本でもきっとそれはあるよね。いや、人間はやはり心の奥底で好き嫌いがあって。私にだってもちろんある。それは争いのタネになるから表には出さないけれど。

 

私の家族は仲が良くない。たかが10人に満たない人間ですら仲良くできない。そう考えると、70億を超える人類がなんとかこうして成り立っているということは奇跡に感じる。争いが起こることって人として常態なのかもしれない。

 

まあとにかく、私には難しい本だった。出直して来ます!