中村の日記

上がったり下がったり27歳フリーター物語

バイオハザード7がやばい

約3週間ぶり。

 

とっくのとうにタイからは帰国している。今回はバンコクのみならず、チェンマイという第二の都市までお出かけしてきた。チェンマイは日本でいう京都みたいな場所で、バンコクに比べてスローでトラディショナルな印象。カオソーイというカップヌードルチーズカレー味的な地元料理がすんごくうまかった。リタイアした日本人が割と住んでいる地域だそうで、確かにバンコクよりゴミゴミしてないし、物価も安めでいい感じ。また来たい。タイだけに。

 

さて、帰国してからは、相変わらずの冴えない日々なのだけど、先日知人からバイオハザード7を貸してもらった。すごく怖いとの情報は得ていたが、実際に一人でやってみたところ、玉砕。怖すぎて進めない。

 

ってことで、友人宅にお邪魔し、協力プレイをすることに。いやあ、このゲームすごいわ。めっちゃ怖い。グロテスクバージョンだったこともあり、かなりスプラッターな箇所もあって本当に疲れた。バイオハザードには詳しくないけれど、なんでも原点に帰って恐怖を追求したらしい。その試みは大成功と言っていい。すんごく怖い。これVRでやったらどうなっちまうんだろうか。。。ちょっとやってみたい気もするが、5万は高いので後々安くなって来たら考えよう。

 

とりあえずエンディングは迎えた。と言っても、私はほとんど迷うことなくあの人を選んだのでバッドエンドだったけれど。。。2周目は怖くてやる気が起こらないのでやりません。ハッピーエンドはプレイ動画でみたのでオッケーオッケー。

 

年末にダウンロードコンテンツやら何やらが盛り沢山なニューバージョンが出るらしいのでまだ持ってない人は12月まで待った方が得なのかもしれない。

 

www.youtube.com

ゲーム実況というジャンルを見たことがほとんどなかった私。今回いくつか探して見た結果、なかなか気持ちよく見れるのがない。うるさかったり、やたらに言葉遣いが汚かったり、どうにもしっくりこない。あーあと思っていたら、しょうへいさんに出会った。見てて笑えるし、ストレスがない。オススメです。

タイへ

またふらっと行ってくる。おそらく今年最後になるでしょう。楽しい旅になりますように。

 

旅のお供。3冊のうち2冊が伊藤計劃さん。

f:id:nakamurada:20170829082157j:image

リゾバに行ってきた

イデアだけで終わるかと思われたリゾバに行ってきた!

 

いやあ、ようやく重い腰をあげることに成功した。きっかけは、普段のバイト先がお盆休みに入ってしまい働き口消失、かといって日雇いは嫌だなあと思ってた時に、「あ、俺にはリゾバがあったじゃないか!」と思い立ちアクションしたのであった。

 

期間は短期の1週間。相場としては1ヶ月以上が多いみたいだけれど、根性のない私には負荷が重すぎる。何事も小さく始めるのだ。場所は福島。通り過ぎたことはあっても降り立ったことのない地域。原発問題でセンシティブな場所でもある。興味深い。決まった。

 

では、初めてのリゾバをやってみた感想を。

 

最初に住環境。今回はホテルの個室をいただけた。これがすんごく快適だった。普段旅をする時はゲストハウスに泊まるので新鮮。ふかふかのベッドがあって、テレビもあって、南向きに窓があり朝は太陽の光が降り注ぐ。そして何より、静か。素晴らしい!この環境がただで支給されるのだからリゾバすごい!もちろん大浴場も使える。ご飯は朝と夜。文句なしですね。

 

次、肝心の仕事。やったのはベッドメイキングや清掃などのホテル業務。ベッドメイキングには苦戦したが、次第に上手にできるようになり達成感。これだよ、これが欲しかったんだ。普段の慣れきった労働では手に入らない新鮮な喜び。ビギナーの苦しみは同時に成熟する喜びがまだ残っていることを意味する。

 

ただ、ひどかったのが職場の空気だ。いやあ参った。お年を召した方たちの不機嫌さが物凄い。常に文句である。こちらとしても1週間の短期ではあるけれどもお力添えができればということで来ているのに、その気持ちをくじくような振る舞い。「そんなことも分からねえのか!」って、教わってないもの。。。まああれですね、怒られるのを承知で自分から率先して動いていかないとだめみたいです。ちなみに、リゾバ経験のある友人に話を聞くと、だいたいこんなものらしい。うーん。。。

 

そもそもリゾバってのは繁忙期だったりあるいはシステム上常に人が足りなくて困っているので派遣さん助けてくださいというものだ。もし私が派遣を頼む側だったとしたら、なるべく誰でもできる作業をとっとと教えてあとは量をこなしてもらうよう段取ると思う。1週間しかいない人間にたくさんの知識を教えてもしょうがないし、経験がなくてもできる手間作業を代行してもらうのが賢い使い方というものだ。しかし、ここはそれをしなかった。何をすれば良いのか分からないまま時間が過ぎることが何度もあったし、そこで尋ねれば不機嫌な言葉が返ってくる始末。この態度って私たちだけじゃなくそちらにも利がないんじゃないかしら。それで仕事が終わらず帰るのが遅くなってさらに愚痴るとか。。。早く帰りたいなら早く要点を教えて人材をフル活用できるようにすれば良いのに。そうすればみんなハッピーなのに。。。

 

この職場環境で唯一の救いは、地元の学生バイトの人たちだった。彼らと働くときはくだらないおしゃべりで笑ったり、旅の話をしたりと気持ちの良い時間を過ごすことができた。それこそ原発問題のような話題までも話せた。今はだいぶ福島に人が戻って来たようで、確かにホテル自体にもたくさんのお客さんがいた。これは想像以上だった。

 

以上。

今回学習したことは、

「仕事ってのは内容も大事だけれど、誰とやるのか、どんな雰囲気のところで働くかでだいぶ決まる。大変でつまらない仕事だったとしても、会話の弾む相手と上機嫌で働けたらそれはきっと楽しいものに違いない」でした。

 

あまり感じの良くない職場だったけれど、こうして終わってみるとやってよかったと感じる。体重も落ちたし、久しぶりに新しい仕事をして新鮮だったし、経験を積めた。ちょっと勢いがついたようにも思う。

 

もう1回別のところでリゾバ、やってみたい。

 

 

 

 

 

 

逆転裁判6

8月になった。暑い。

 

リゾバはアイデアのまま終わりそう。去年はねぶたに阿波踊り、そしてスペインのトマト祭りと派手に動き回っていたのだけれど、今年は何もない。どこにもいかない。エネルギーもない。お金もない。生命が縮小している。阿波踊りはすごく良かったから毎年行きたかったけれど、無理だ。

 

そんな冴えない日々を生きているのだが、最近逆転裁判6を始めた。新作が先日発売されてなかなか評判が良いらしい。しかしそんなにお金もないし、まずはナンバリングをということで、1500円で購入した。

 

これがめちゃくちゃ面白い。前から大好きなシリーズだったけれど、やっぱり裏切らない。エネルギーのない今はそもそも没頭するということが難しいのだが、このゲームは何時間でもやれる。

 

面白いもので、何かに没頭すると日々が輝き始める。ただゲームをしてご飯食べて散歩して、という生活がすごく快適だ。もちろんこれは永続するわけじゃなくて次第に飽きたりするのは自分の傾向として知っているんだけれど、それでもすごくハッピー。やっぱり俺はゲーム好きなんだなと。

 

まだ買って2日ほどしか経過してないが、もうラストエピソード。ずっと不調の中でようやく今いい風が入り込んできている。流れを切りたくないので、次も何かゲームを買おう。さて、何にするべきか。。。

 

 

思いつき

今年の夏はリゾバに挑戦!

 

なんてどうだろうと思っている。

トーイックを受けた

先日、トーイックを受けた。

 

エネルギーのない今の私には会場に行くのですら困難だったが、さすがに6000円近く払ってるし、英語の能力を確認もしたかったのでえいや!と。人が多い場所は苦手だ。。。

 

正直、変な自信があった。対策こそしていないものの、最近では外国人との交流も始まり、日常で英語を使う機会も出てきた。実際に会話して楽しい時間を過ごせているし、かなり出来ちゃうんじゃないかと。

 

しかし世の中そんなに甘くない。蓋を開けてみれば、ボッコボコ。リスニング速いし何言ってるかわからない。もう黙ってくれ!って何度思ったことか。45分のリスニングの後は、膨大な量のリーディング75分。嘘だろ、全然時間足りない。後半はあてずっぽうになってしまった。

 

ショックだ。。。結構落ち込んだ。

 

まあでも、落ち着いて考えてみれば妥当な結果である。だって、勉強してないし。会話を楽しめるって言ったってそんなのジェスチャーで補完しているところもあるし、向こうはノンネイティブだ。やはりちゃんと勉強しないといい点は取れないという、太陽は東から昇って西に沈むのと同じくらいに当たり前なことを突きつけられただけのこと。

 

次、頑張りましょう。受けるかはわからないけれどね。

 

ただ、結論として受験してよかったです。めっちゃ脳は疲弊したけれど、自分でもものすごく頭を使っている感覚があった。わからない音を一生懸命解読しようとしているとき、まるでギュインギュインと脳が音を立てているかのようであった。これは日常にない感覚で、気持ちのいいものだった。これが集中するということなのだよ、中村くん。

 

これで7月のミッションは終了した。相変わらず無気力な日々は続く。最低限労働して、後はmegwinTV!流れを変えたいとは思っています。。。

youtu.be

 

megwinTV中毒

猛暑である。

 

2017年後半戦は、ものすごく調子の悪い感じで始まった。タイに遊びに行って、それは楽しかったけれど、もうだんだんと旅で感じる解放感にも耐性ができてしまってどっかーんとはなりづらくなって来た。新鮮味がない。タイ人にもしょっちゅう間違われるし、現地人感も出て来たっぽい。

 

最近の暑さはものすごいものがある。タイの方がずっと涼しい。向こうの暑さは木陰に入れば大丈夫なんだけれどこっちはダメだ、エブリウェアダメだ。暑い。ここ数ヶ月で7キロほども体重が増えたことも重なってか、例年よりもずっとずっとしんどく感じられる。マジで生きることが目標レベルである。夜もあまり眠れないし。

 

ああ、ここ数年のうちでかなり大きな停滞である。体重増加、旅への感動薄まる、労働だるい。まずい、潰れるのかもしれない。

 

そんな状態で何をしているかというと、中毒的にmegwinTVを見ている。随分と前に視聴をやめてしまって、久しぶりに見てみたら、なんと国際結婚をし、そして離婚していた。今年中に登録者数が100万人を超えなかったら引退するとも発言している。ちょっと相場がわからないので色々調べてみると、ヒカキンさん、はじめしゃちょーさんは400万を超えてた。私の好きな瀬戸弘司さんも100万超え。なるほど、youtubeが始まる前から毎日動画投稿をしていたmegさんにとっては、新参者がどんどんと人気を獲得していく今の現状をなんとかしたいのだろう。ぶちまかしたいのだろう。いやでも、megwinTVは面白いよ。100万行ってて全然おかしくないと思う。見てて笑えるし、和むし、たまに熱い思いを語っている動画なんかもあって好感が持てる。私が見始めた時はまだアパートで少人数のメンバーと手作り感満載のアイテムでやってた。それが今では会社を作って社長やってる、ちゃんとスタッフに給料払って大規模なゲームやってるんだからすごいことだ。大出世だ。いつの間にか英語も喋れるようになってるし。megwinTVのテーマは「挑戦」らしく、彼はそれを体現している。ああ、かっこいいなあと思う。

 

とりあえず、今月にトーイックだけ受ける予定。あとは何も特別なことがない。暑さに負けないように生きて、megwinTVを見る、それが今月の目標。

youtu.be

めっちゃ笑った。人によっては気持ち悪いかもだけど。

youtu.be

これも最高に笑った。

youtu.be

こういう大掛かりなゲームは、ベギラゴンズというチャンネルで展開されている。好き。